ホーム > コマができるまで > STARLIGHT

切削加工

1. 材料の準備

材料の準備

精密コマは本体と軸の2つの部品で作られています。それぞれ、円形をした棒状の材料から削り出します。 材料は真鍮や快削鋼 を使います。

2. 機械のセットアップ

NC旋盤

金属を削るにはNC旋盤という工作機械を使います。NC旋盤は円筒形のものなら何でも削ることができ、コントロールパネルに数値を打ち込んで削りたい形状を設定します。 数ミクロンでの精密な切削が可能ですが、精度を出す為には熟練された技術が必要です。

3. 自作バイトを装着

自作バイト

コマに使用するバイトは自前で作ったオリジナル。 ロー付けバイトをグラインダーを使って刃物の形状にして、さらにダイヤモンド砥石で先端を研磨して刃をつけます。

4. コマ本体を加工

本体を加工

材料・バイト・プログラムをセットし、材料を高速で回転させている所に刃物を当てながら、3つのステップで削っていきます。
1)中心にドリルで穴を開ける
2)バイトでテーパー部(斜めの部分)、外側部(ストレート部分)を削る
3)突っ切る(材料から切り落とす)

5. 軸を加工

別のNC旋盤に細い材料をセットし、コマの軸を削ります。
1)軸の先端を削り出す
2)突っ切る(材料から切り落とす)
3)回す部分の滑り止め(ローレット)の加工をする

ニシキ製作所 山田

100分の1ミリへのこだわり

コマの切削加工を行っているニシキ精機の山田です。 単な形に見えるコマですが、長く回るコマを作るには100分の1ミリの精度で誤差なく加工することが求められます。また、2つの部品を組み合わせることによる難しさもあります。 例えば本体の穴の大きさですが、軸より大きすぎても小さすぎても駄目。ちょうどよく嵌合(はめ込む)できる精度に加工することで、本体と軸の同軸度が上がり、コマが長く回るようになります。

めっき加工

6. めっきの準備・脱脂

削った直後のコマにはサビ止めや削りやすくするために油脂が使われています。 めっきをする前に油を完全に取り除いておかないと、密着不良の原因となり、めっきが不完全なものになってしまいます。これを防ぐためにコマを脱脂液に浸漬し、適度な温度や時間を設定して汚れを綺麗に落とします。脱脂工程はひとつだけではなく、何工程かを組み合わせて入念に行います。

7. めっきの準備・酸洗い

脱脂同様、美しくめっきするためにおろそかにできない重要なステップが酸洗い。硫酸もしくは塩酸に適度な時間浸漬することで、スケールと呼ばれる黒サビや赤サビを除去します。 これでめっきの準備は完了!

8. 銅めっき

銅めっき

ここから3種類のめっきをかけていきます。まず、一番下地にあたる銅めっき。鉄素地との密着性を確保するために行います。膜を覆いかぶせる力(つきまわり)が良いため、表面がきめ細かい仕上がりになります。

9. ニッケルめっき

次に5~10μmのニッケルめっきを施します。ニッケルめっき液には適切な量の光沢剤を入れてコマに美しい輝きを与えます。ニッケルめっきをすることで耐食性も向上します。

10. クロムめっき

最後にわずか0.1〜0.3μm程度の薄いめっきで仕上げます。クロムという金属は空気中での安定性が高いため、長時間経っても金属が変色しない、サビないという性質があります。薄くてもクロムを付けることによって、時間が経ってもコマを綺麗な状態に保ちます。

料理と同じで下準備が大切

エプテックの藤森です。めっきは料理と同じで下準備がとても大切。切削油が付いた状態でやってくるコマを、油や汚れを綺麗に落とした状態でめっきをする事で、めっきが均等にしっかりと付くようになります。 めっきはモノづくりの一番最後の段階で行われることが多いので、「お客様が作った大切な製品を預かっている」という意識を常に忘れないように心がけています。

エプテック 藤森

組み立て・検査

11. 組み立て

ハンドプレス

ハンドプレス機を使って本体と軸を合体させます。シンプルな作業ですが、コマが長く回るためには軸をズレなく真っ直ぐ入れることがとても重要です。

12. 自作の圧入受け

圧入受け

軸をまっすぐに入れるため、コマの形にぴったり合った専用の圧入受けを作りました。この圧入受けに本体と軸をセットし、正確な同軸度を保ちながらはめ込みます。

13. 精度検査

検査

圧入後、検査員が検査器具を使ってコマの寸法が図面通りかどうかを確認します。

14. テスト走行後、出荷

完成

さらにテスト走行を行い、3分以上回ったコマのみを出荷しています。1個のコマをお届けするまでにこれだけの手間がかかっています。

牛越製作所 牛越

治具はモノづくりの欠かせない道具

仕上げを担当している牛越製作所の牛越(ウシコシ)です。治具(ジグ)というのはモノづくりの現場では必要不可欠な道具で、モノを作りやすくするためのモノです。今回コマ専用の治具(圧入受け)を作ったように、一つひとつの製品の形状や加工方法に合わせて治具を手作りし、オーダーメイドのモノづくりをご提案しています。

運営メンバー

主にコマの開発・ショップの運営を行っているメンバーです。

精密コマ店長 小口

精密コマSHOP 店長のオグチです。 普段はダイヤ精機という会社の代表をしています。オカヤの精密コマを色々な方に知っていただくため、ネクストの仲間と頑張っていきたいと思います。

コマ自己記録:4分52秒(非公式記録)
特技:どこでも寝られる、寝てしまう。
好物:ソース掛けトマト

ウェブデザイナー 小西

長野生まれ、小さな建築屋の娘。日本とバリ島を行き来するウェブデザイナーとして活動しています。岡谷に縁があって5年前から岡谷のモノづくり発信をお手伝いしています。

コマ自己記録:2分40秒
特技:そろばん1級、インドネシア語
好物:JOJO、ワンピース、FF、アシタカ、ビール

伸和工作 宮沢

開発&飲み会担当のミヤザワです。鋳造・キャスティングを使った複雑な形状の金属加工が得意です。「こんなコマがあったらいいな」というご要望があればミヤザワまでご一報を!

コマ自己記録:
スターライト・・・4分22秒(記録保持者
ウラヌス・・・6分5秒(記録保持者
特技:ボディランゲージ
好物:油っぽいもの