ホーム > コマができるまで > URANUS

切削加工

1. 材料の準備

材料の準備

丸ごと削り出すので1本の太い金属材料を使います。材質は切削性に優れたステンレス303 を使用。

2. 機械のセットアップ

NC旋盤

金属を削るにはNC旋盤という工作機械を使います。精度を出す為には熟練された技術が必要です。

3. 自作バイトを装着

自作バイト

コマに使用するバイトは自前で作ったオリジナル。 ロー付けバイトをグラインダーを使って刃物の形状にして、さらにダイヤモンド砥石で先端を研磨して刃をつけます。

4. 金属からコマを切削

本体を加工

材料・バイト・プログラムをセットし、材料を高速で回転させている所に刃物を当てながら削っていきます。 コマの形状にそのまま削っていくので、組み立て式の3倍以上の時間がかかります。

ニシキ製作所 山田

精度に拘った削り出し

切削加工を行っているニシキ精機の山田です。削り出しコマは組立コマに比べて3倍以上の金属・加工時間が必要になるためコストが上がるのが難点ですが、本体と軸が最初から一体となった形で削るので組立て式よりも同芯度が高い精度で仕上がります。 より精密でより長く回るために作った本格コマです。

組み立て・検査

5. 検査

検査

最後に、検査器具を使ってコマの寸法が図面通りかどうかを確認します。

6. 完成

完成

さらにテスト走行を行い、3分以上回ったコマのみを出荷しています。1個のコマをお届けするまでにこれだけの手間がかかっています。

牛越製作所 牛越

品質検査はモノづくりの最後の要

仕上げを担当している牛越製作所の牛越(ウシコシ)です。 モノづくりにとって品質検査はお客様に良い製品をお届けする最後の要。 弊社の熟練した検査員が一つひとつ丁寧にチェックし、合格したコマのみをお届けします。

運営メンバー

主にコマの開発・ショップの運営を行っているメンバーです。

精密コマ店長 小口

精密コマSHOP 店長のオグチです。 普段はダイヤ精機という会社の代表をしています。オカヤの精密コマを色々な方に知っていただくため、ネクストの仲間と頑張っていきたいと思います。

コマ自己記録:4分52秒(非公式記録)
特技:どこでも寝られる、寝てしまう。
好物:ソース掛けトマト

ウェブデザイナー 小西

長野生まれ、小さな建築屋の娘。日本とバリ島を行き来するウェブデザイナーとして活動しています。岡谷に縁があって5年前から岡谷のモノづくり発信をお手伝いしています。

コマ自己記録:2分40秒
特技:そろばん1級、インドネシア語
好物:JOJO、ワンピース、FF、アシタカ、ビール

伸和工作 宮沢

開発&飲み会担当のミヤザワです。鋳造・キャスティングを使った複雑な形状の金属加工が得意です。「こんなコマがあったらいいな」というご要望があればミヤザワまでご一報を!

コマ自己記録:4分22秒(記録保持者
特技:ボディランゲージ
好物:油っぽいもの